じゃり子のシドニー右往左往

アクセスカウンタ

zoom RSS 星になったブラウニー

<<   作成日時 : 2009/01/28 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像


今日午後2時ころ、ブラウニーが息を引き取りました。
水道管にはまった事故から9日目でした。

事故の3日後から斜頚と呼ばれる首の傾きが始まり、日に日にひどくなっていきました。90度右に傾いた状態で、まっすぐ座っているのもつらそうでした。バランスがとれずに何度も転倒し、突然てんかんを起こす。ウサギは骨がとって脆く、ちょっとしたことですぐ骨折するらしいのです。てんかんが起きたらまず両足で挟んで動けなくしました。これで背骨の骨折を防ぎます。

それに加えて2日前から突然食欲が無くなりました。糞は毎日チェックしていましたが、日に日に小さくなっていきました。何か食べさせないとと必死になりましたが、スポイトで与えたりんご果汁をほんの少し舐めるのが精一杯。ごはんをあげると反応するのですが、どうやら食べられないみたいなのです。だんだん鼻先が濡れるようになり、鼻水が出ているのかと思いましたがそれはよだれだったのです。嫌がるブラウニーを押さえつけて、無理やり口を開くと、下唇の内側がぱっくり切れていました。上の前歯が伸びすぎて、傷つけてしまったようなのです。こうなるとウサギは物が食べられず、どんどん衰弱していきます。歯を削ってあげるしか方法はありません。幸い前歯なので麻酔も必要なく自宅でも処置が出来るとのこと。なんでこんなに体が弱っている時に‥悪いことが重なるのだろう。

お昼過ぎ、少し目を放した隙にブラウニーの姿が見えなくなりました。ほんのちょっとの間だったのに。急いで探すとまさに後ろ向きに転倒するところでした。慌てて駆け寄り抱き起こすと、もうさっきまでの元気は無く、されるがままにぐったりしていました。最後の力を出してここまで歩いてきたのかと涙が出ました。今までは嫌がってさばさんには触らせなかったブラウニー。背中を抱いたさばさんはあまりの痩せ方にびっくりして言葉がでません。

何か食べさせないと。でもどうしたら。歯さえ削ればすぐに食欲は戻ると言われています。もう今削るしかない。そう決断しバスタオルで包んで2人がかりで押さえつけ作業に入りました。衰弱していたブラウニーは足をばたつかせ抵抗しました。それはちょっとの間だったけれど上の歯が終わって、下にさしかかったとき突然ブラウニーの動きが止まったのです。「やめて!息していないよ!」体力が落ちていたうえに、パニック状態になったブラウニーはあっけなく逝ってしまいました。心臓に手をやるとまだ鼓動がある。だけど呼吸をしていない。心臓マッサージを試みましたがすぐに体が硬直し始めました。ああ、もうだめだ。そう観念したら涙が出てきて止まらなくなりました。

ついこのあいだまで、庭を駆け回っていたブラウニー。畑の野菜をかじっていたずらばかりしていたブラウニー。さばさんが仕事に行っている間、私の留守番相手をしてくれたブラウニー。その命はあまりにはかなく、短かった。ごめんねごめんね。うちで飼わなければ。水道管をちゃんと塞いでおけば。歯を今削らなければ。すべてが後悔でいっぱいです。そしてありがとう。呼んだら遠くから走ってきてくれてありがとう。用意した寝床で気持ちよさそうに寝てくれてありがとう。鼻をこすりつけて挨拶してくれてありがとう。全部全部がいい思い出。友達になってくれてありがとう。

どうかあの世では苦しい思いをしないように。
あっちでもみんなに愛される人気者でいてね。
さようなら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
衝撃のニュース。水道管から探し出してあげ、じゃりこさん、えらすぎる! と関心していた矢先に、、、私もしんみり、です。
なまびいる
2009/01/29 00:01
なまびいるさん
今こうして思い出すだけで、涙が止まらないです。それは突然やってきて、私の心をざわつかせます。知らない間に彼女はとっても大きな存在になっていたのだね。私たちがその命を縮めてしまったのだと無念の気持ちでいっぱいです。
じゃり子
2009/01/29 00:26
えーめちゃめちゃ悲しい話でびっくりしました。なきそうで仕方ない。聡子やサヴァの懸命な努力の様子が手に取るようにわかってめちゃめちゃ悲しいです。
 でも、聡子の家で飼ってくれてよかったとおもうよ。 涙を流して悲しんでくれる人・スポイトで食事を取らしてくれる人、傷が口の中にあることを見つけてくれて処置をしてくれた人、名前をつけて呼んでくれた人、などなどそんな大事に育ててくれて、一緒に暮らしてくれたからうれしいを思うよ。
 じゃないと、大勢多数のウサギとしてしか見られず孤独に死んじゃったかもしれないじゃん?!人に飼ってもらうことができてよかったんじゃないかな?聡子でもっとよかったと思います。悲しいけど、しっかり思い出してあげて悔やまず笑顔で聡子らしく暮らしてもらったほうがブラウニーも喜ぶと思います。やからがんばって!!
kana
2009/01/29 14:51
kanaさん
うんそうだね。元気出さないとね。チャーリーもいることだし頑張ります。チャーリーはブラウニーの死がわからずキョロキョロと彼女を探しています。今回はいろいろと勉強したので、同じ過ちは絶対犯さないぞ!
じゃり子
2009/01/29 15:06
かわいそうでかわいそうで。
今はゆっくり、沢山泣いてていいんだよ。
あぁしてあげればよかった、とかあまり考えずに、楽しかったことを沢山思い出してあげて。
急いで元気にならなくてもいいからね。
愚痴りたかったら、電話して。
Rippi
2009/01/29 18:59
Rippiさん
今日は1日脱力しきっていました。まったく家事がおろそかだったので、思い切って立ち上がって掃除機だけかけてみたよ。動物との別れは何度経験しても辛いです。もうちょっと元気になったら電話するからつきあって!
じゃり子
2009/01/29 22:15
読んでびっくりしました。。。辛かったね。
じゃりこさんの、命あるもの(植物も動物も人間も)への愛情の深さは前からすごいなと思っています。
ブラウニーもそんな愛情をいっぱい感じながら毎日楽しく暮らし、そして天に召されていったと思うよ。
頑張りすぎず、ゆっくりいつものじゃりこさんに戻ってくれることを祈っているからね。
ハイジ
2009/01/31 23:51
久しぶりにコメントするんだけど…。
悲しいニュースだけれど、私もサトコの家で飼われたブラウニーは本当に幸せだなって思いました。
最後の最後まで懸命に命に向かい合ってくれた2人の姿をブラウニーもわかっていると思うもの。
我が家のヨネキチも今月で10歳。
すっかり年寄りになってしまったけれど
サトコを見習って愛情をたっぷり注いであげたいなって改めて思いました。
素敵な出会いもあって悲しい別れもあって。
でもやっぱり出会えたことにありがとうだよね。
yukiho
2009/02/01 03:33
ハイジさん
命あるものいつかはその生涯を終えるのだよね。わかっているけど辛いよね。本当は昆虫が一番好きなんだけど。一日眺めてても飽きないよ。今は少しずつ、チャーリーに癒してもらってます。
じゃり子
2009/02/01 18:57
yukihoさん
ヨネキチ10歳になるの?じいさんだー。赤ちゃんの時から知ってるから感慨深いです。1日1日を大事にね。本当に出会えたことに感謝しないとね。さばさんも相当ショック受けててかわいそう。上の歯でやめておけばよかった。って何度も言うんだもの。あんたのせいじゃないよ。って言ったけど。取り扱いは乱暴だけど、彼なりにかわいがっていたみたいだよ。
じゃり子
2009/02/01 19:02
メール今読んだ・・・We are so sorry to hear that... hope you are okay... 元気だせよ・・・Rodneyもびっくりしてて大丈夫?かって今横で気にしているよ。。元気だしてね。
いよ
2009/02/01 21:53
いよさん
何日前に出したメール読んでるのさ。さばさんなぐさめてあげてよ。I killed her.って言うんだよ。自分で書いといてこの日のブログは悲しすぎる。今は元気に走り回っているのを願うばかりです。
じゃり子
2009/02/01 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
星になったブラウニー じゃり子のシドニー右往左往/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる